困らない賃貸契約チェックポイントはココ!

みなさんのチェックポイントは?

賃貸期間の延長で更新料が必要になると、引越しを考える人も多いと思います。みなさんは新しいお家を、どのように決めますか?家賃はもちろんですが、最寄駅からの距離、間取りや階層も重要ですよね。それ以外に注意して欲しいのが、毎日使う駅までの道が暗くないかです。帰り道で襲われた、なんてニュースをよく耳にしますよね。暗い住宅地の中を通って帰るより、車の往来があったり、遅くなっても人の行き来があるほうが安全ですよね。安全に生活できるように、ぜひチェックポイントに追加してください。

下見のチェックポイント

さて候補物件が決まったら、下見に行きます。下見は昼に行くことが多いと思いますが、もし可能なら時間を変えて、再度夜に下見に行くのもお勧めします。一人暮らしの方向けの物件では、昼に下見に行っても、他の入居者は不在なことが多いと思います。他の入居者が帰宅した夜に下見に行くことで、どんな人が入居しているのか、借りる予定でいる部屋の隣や上からの音なども調べることができます。また夜の周辺の状況なんかも、入居する予定があるのですから、確認が必要です。街頭はあるのか、人通りはあるのかなど、チェックしてください。

いざ契約したら、ここに注目

借りたい物件が決まったら、管理会社と賃貸契約を結びます。管理会社は入居予定者に対して、賃借物件や契約条件に関する重要事項の説明をしなければならないと、宅地建物取引業法で定められています。重要事項説明の内容を記載した書面を、お互いに読みながら確認し、入居予定者が納得したら書面に記名押印し、契約が成立します。書面には、家賃や管理費などのほかに、契約している電気ガスなどライフラインの会社名。入居の時の注意事項や禁止事項などが明記されています。契約書を取り交わしたら、必ず一度は読んでください。

札幌の賃貸マンションは、高層階が設置されているものも有り、住み心地の良さにこだわるうえで、家賃や設備の特徴を比較することがポイントとなります。