入居審査の目的と内容が分かればなにも怖くない!

賃貸契約の前に行われる入居審査ってなに?

賃貸住宅を借りるときは、契約前に必ず入居審査が行われます。入居審査とは、家主さんがその人に部屋を貸しても良いかどうかを判断するための審査です。借り主も借りたい部屋を選べる代わりに、貸し主も貸す相手を選べるということですね。家主さんにしてみれば、毎月きちんと家賃を払ってくれるかどうか分からない相手に部屋を貸すわけにはいきません。ちゃんと働いているのか、年収はどれくらいあるのかなどを審査するのは当然とも言えますね。

入居審査では何を調べられるの?

ではその入居審査ではどんなことが調査されるのでしょうか。これはズバリ、本人の収入と保証人の信用度です。家主さんは、部屋を貸す代わりに家賃収入を得ることが目的ですから、家賃を払えるだけの収入があるかどうかを最も重視します。毎月の給料が20万円しかない人に15万円の家賃は払えません。アルバイトや派遣といった不安定な職業も入居審査では不利になります。継続して安定収入があることが重要ですので、正社員が望ましい、ということになります。

保証人は絶対に求められる?

一部の公営住宅などを除き、民間の賃貸住宅では、ほぼ例外なく保証人を求められます。万が一借り主が家賃を払わなかった時のためですが、その保証人に経済力がなければ意味がありません。年金収入のみの父親では不十分と判断される可能性があります。しかし身内くらいしか保証人になってくれる人などなかなかいませんよね。そこで、保証人を立てられない時は、保証会社を通すことを求められることがあります。その場合は、入居審査は保証会社が行います。

農業が盛んで、比較的住宅地も多い帯広市は、環境モデル都市にも認定されています。そういったこともあり、帯広の賃貸マンションは暮らしやすい物件が多くあります。